第528回「テクノロジーは介護を救うか?介護ソフト編」

テクノロジーについて議論を2回もしておきながら、一番介護現場で使身近な重大テクノロジーについて話したことが無いことに気付いた。それは介護ソフトである。 2000年代にはPCはあっても、殆どの事業所で介護ソフトが導入されているところは実に少なかった。俺も殆ど聞いたことが無かった。しかし、2010年代から介護現場にも介護ソフトが導入されるようになる。今では介護職員はPCが使いこなせないと仕事に…

続きを読む

2018年新年のご挨拶

ブログを読んでいる皆さま、あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。いろいろ不快にさせているこのブログをいつもお読みいただきありがとうございます。 今週は休みます。再開は17日からです。またよろしくお願いします。

続きを読む

第527回「テクノロジーは介護を救うか?(2)」

今週もテクノロジーが果たして介護現場にどれだけ貢献できるかを語りたい。 移乗・移動動作を楽にして介護者の腰痛を防ぐことが出来るのではないかと言われているが、おそらく介護ロボットを使っても腰痛軽減には貢献しない。読者のコメントにもあるように、利用者の自然な動作や物理法則に反する介護をやっている現状を改善する方が腰痛軽減には役に立つ。現代介護の移乗動作や技術面での指導を見ると、非効率極まりない…

続きを読む

第526回「テクノロジーは介護を救うか?」

介護職員の人員不足は本当に深刻だ。求人広告を出しても、1件も応募が無いなど珍しくないというから、人事担当者も頭が痛い。 この状態を改善できるのではないかと言われているのが、Iot(インターネットを使った物)や近代テクノロジーである。特に介護ロボットは導入すれば補助金が出るとのことで、応募が殺到したことがある。それに懲りた国は補助金を引き下げて、さっさと中止してしまった。俺もこの類の話を聞く…

続きを読む

第525回「スピーチロックとは何か?」

前回でも引用したが、スピーチロックという言葉が聞かれるようになっている。諸君の中にも介護現場や医療でこの言葉を聞いたことはあるはずだ。竹中理論、ノーマライゼーション、BPSDなど介護も時代と共に変わっており、様々な流行りの言葉が出るが、問題はその流行語に踊らされることなく、その本質がどうなのか、吟味することが大事である。 実を言うと、俺は最初この言葉を知らなかった。スピーチロック?利用者が…

続きを読む

第524回「メディアで取り上げる身体拘束の欺瞞」

朝日新聞で定期的に身体拘束について語っている。俺も目は通したが、余りにもメディアが取材する内容が現実離れしていることに呆れてしまう。今回はその欺瞞について、述べたい。 一つ強調して述べたいのは頼むから、身体拘束の正しい定義と運用ぐらい調べてほしい。これはプロであるはずの、社会福祉業界や医療業界でも信じられないぐらい身体拘束に無知な人間が蔓延っているから仕方が無いかもしれないが、メディアで間…

続きを読む

第523回「マスメディアを通して見る虐待は欺瞞なり(下)」

今回はマスメディアを通じてみる虐待の報道や特集がいかに欺瞞かというのを論じている。報道で虐待について報じられること自体は、介護が良くも悪くも注目を集めていることで、歓迎するべきことだ。ただ本質を捉えない伝え方は現場で働く介護職員にとって、迷惑すぎる。 介護放棄(ネグレクト)については、発覚されにくく、組織を蝕む悪質な虐待にも関わらず、組織によってはそれを排除しようとしていない。中には殴る蹴…

続きを読む

第522回「マスメディアで見る虐待は欺瞞なり(上)」

先日新聞記事で虐待事件の実例を読んだ。それを要約したい。余りにも虐待及び、どういう施設がお勧めかという事に誤謬が多いのでここで取り上げたい。 とあるグループホームで余りにも利用者の体に不審な痣が目立つ。そこで、施設長がその利用者の部屋に録音デバイスを仕掛けた。 すると録音内容には職員の暴言「死ね」「嫌いなんだよ」というものから、明らかに叩いた音が響いていたという。施設長は虐待を働いた職員…

続きを読む

第521回「労働組合とは何か?(2)」

前週では介護職員がストライキをやるのに、困難な要素を主に3つ挙げた。 ・組合費が取れない ・スト破り ・ストより退職の方が簡単 今回は更になぜストライキが困難なのか、それを更に説明したい。 「根本的な問題って何なんですか?」 「百歩譲って、ストライキが出来たとする。当然雇用者はストライキを止めてもらうために何をする?」 「給与を上げるでしょ」 「そうだね。待遇改善をして、それ…

続きを読む

第520回「労働組合とは何か?」

この間SNS(ソーシャルネットワークサービス)で面白い記事の紹介を見た。 その内容を要約する。 介護職員は待遇改善のためにストライキを起こせばどうなるか?利用者に迷惑が掛かるだろう。介護者がいなければ、中には死亡する利用者がいるかもしれない。それを考えると、世論の反発があり、倫理的に難しい。通常であれば、待遇が悪ければストライキを起こすのは当然の権利だ。しかし、国や経営者はその介護者に対する…

続きを読む